ピルを飲み続けられるか不安…ピルを飲み忘れるとどうなるの?

ピル

低用量ピルは基本的には毎日服用し、飲まない期間に生理がくるという仕組みです。

中には以下のようなことを不安に思う女性もいると思います。

  • 毎日忘れずに飲み続けられるか不安
  • 万が一飲み忘れてしまったらどうなるの?

毎日飲み続けなければならない低用量ピルですが、毎日飲み続けるためのポイントや、万が一飲み忘れてしまった場合どうすれば良いのか?について詳しく解説していきます。

低用量ピルの飲み方は毎日1錠ずつ飲むのが基本

低用量ピルの飲み方には主に2種類あり、21錠タイプと28錠タイプで異なります。

21錠タイプは1ヶ月のうち7日間、ピルの服用をお休みし、それ以外の21日間は毎日飲むタイプのピル。

28錠タイプは飲み忘れ防止のために、21錠タイプのピル+有効成分の入っていないプラセボ錠と呼ばれる偽物の錠剤が7錠入っているピルになります。

21錠タイプと28錠タイプで体への影響に差はありません。

21錠タイプであれば7日間のお休み期間があるものの、基本的には低用量ピルは毎日服用するものとなっています。

低用量ピルを飲み忘れないための3つのポイント

毎日服用しなければならないとなると、不安になるのが「飲み忘れ」ですよね。

旅行や、夜更かしなどでいつもと違うライフサイクルになってしまうこともあると思いますが、そんな時でも飲み忘れないようにするにはどうしたら良いでしょうか。

服用する時間を決める

服用は1日1錠で、その時間はいつでも良いと言われるクリニックが多くなっていますが、そうなると習慣になりにくく服用を忘れてしまう可能性も高くなります

1週間のうち、仕事などで毎朝決まった時間に起きる日が多いのであれば、服用は朝にするなど飲む時間を決めておくのは忘れない大事なポイントになります。

ピルを飲むことを習慣づけることが大切になりますので、必ず習慣化タイミングに服用にしましょう。

28錠タイプのピルにする

28錠タイプのピルであれば、お休み期間がなく毎日服用することになりますので、21錠タイプに比べると習慣付けしやすくなります。

飲んだり、飲まなかったりすることで忘れてしまいそうになる人は、とにかく毎日飲むことで習慣になりやすくなるので、28錠タイプのピルをお勧めします。

アプリやアラームを使用する

最近では、ピルの飲み忘れを防いでくれるスマホのアプリも登場しています。

飲んだら記録を付けられるものや、登録している時間に通知してくれる機能もあるようです。

また、そもそもスマホの機能にあるアラーム機能を使って、ピルの服用時間を忘れないようにするのも良いかもしれません。

朝ごはんのタイミングで一緒に飲めるように、常に卓上に置いておくなど、工夫してみると効果的でしょう。

低用量ピルを万が一飲み忘れてしまったら?

飲み忘れた回数が増えるほどピルの効果は減少します。

特に、避妊目的で使用している人は、避妊効果が薄れてしまうため注意が必要になります。

もしも、飲み忘れてしまった場合はどうしたら良いのでしょうか?

具体的に、飲み忘れた日数別で見ていきましょう。

1錠(1回分)飲み忘れて24時間未満の場合

気がついた時点でなるべく早く1錠飲みます。次からはいつもの時間に飲みます。

1錠だけ飲み忘れたくらいでは避妊効果は心配ないと言われていますが、避妊目的でピルを使用していている場合はコンドームなど他の避妊法を併用するのが良いでしょう。

1錠(1回分)飲み忘れて24時間以上経過した場合

今日と昨日分を合わせて2錠飲みます。次はいつもの時間に飲みます。

避妊効果については下がっている可能性があるので、コンドームなど他の避妊法を併用してください。

2錠(2回分)飲み忘れた場合

今日と昨日分を合わせて2錠飲みます。次からはまたいつもの時間に飲みます。

しかし、使用目的やクリニックによっては2日分飲む忘れた場合に2錠同時に服用しないよう注意されることもありますので、飲み忘れた場合は一度医師に相談してみたほうが良いでしょう。

3錠(3回分)飲み忘れた場合

服用を中止し次の月経を待ってください。

そして、また新しいシートで再び服用を開始してください。

3回以上服用を忘れてしまった場合でも、クリニックによっては方法が異なるかもしれませんので、一度医師に相談してみてください。

3回以上忘れてしまうと避妊効果は確実性がなくなるため、避妊目的の場合は別の避妊方法を利用する必要が出てきます。

偽薬(プラセボ錠)を飲み忘れた場合

プラセボ錠にはピルの成分は含まれていないため、飲み忘れても問題ありません。

飲み忘れた分は飲んだつもりで破棄しましょう。

ピルを飲み続けられるようにする工夫ポイント

前述しましたが、低用量ピルは毎日服用することで効果を発揮します。

しかし、ある調査では6割以上の女性が飲む時間が遅れてしまった経験があると答えていますので、そのくらいなかなか毎日服用するというのは難しいのかもしれません。

そこで、実際にピルを服用していた人たちから聞いて、私も実践して効果のあった飲み忘れ対策をご紹介します。

トイレに張り紙

トイレに大きく「ピル飲み忘れ注意」といった張り紙をしておきます。

トイレは基本的に毎日いきますし、特に朝は必ず行く人も多いのではないでしょうか。

習慣化している行動に張り紙をすることで、忘れにくくなります。

朝ごはんのパンの横にピル

毎朝パン派の人の場合、パンの横にピルを置くようにしていれば嫌でも目に入るため、忘れにくくなります。

別にパンにこだわる必要はありませんが、朝ウォーターサーバーで水を飲む人はサーバーに張り付ければ良いですし、冷蔵庫に貼っている人もいました。

朝ごはんを食べるタイミングで自分が毎日必ずとる行動を思い出して、そこにピルを加えてみましょう。

シートに日付を記入

ピルの飲み忘れが頻発すると、いったいいつ飲んで、いつの分が余っているのか分からなくなることもあります。

それを防ぐために、1シート処方してもらったら何日に飲む分なのかシートに直接マジックなどで日付を記入しておくと、後からも分からなくなりません。

これは実際に私も試して、とてもよかったので毎月書いていました。

飲み忘れがなかったとしても、カレンダーの日付とシートに書いた日付が一致していれば、安心するものです。

洗面所の鏡にピルを張り付ける

洗面所も女性であればほぼ毎日使用しますよね。

そこで、毎日使用する鏡に張り付けることで飲み忘れを防ぐ人もいました。

これはさすがに飲み忘れないですね。

ピルを毎日飲み忘れないようにできるか不安な女性へ

ピルを服用する際は、とにかく習慣づけるということが大きなポイントです。

毎日飲むのって面倒だな…と感じる人もいるかもしれませんが、トイレや朝ごはんは面倒でもきちんとできていますよね。

自分のライフサイクルに合った工夫を見つけることで、習慣化していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました