低用量ピルを服用していた私が経験した妊娠&出産への影響

ピル

低用量ピルは、生理不順の改善・生理痛の緩和・子宮内膜症の改善・避妊目的に使用されることが多く、女性の悩みを解決してくれる救世主でもありますが、女性が最も心配になるのは将来ちゃんと妊娠・出産ができるか?ということではないでしょうか。

ここでは、低用量ピルを使用した場合の将来の妊娠・出産への影響について私の実体験も交えてご紹介します。

低用量ピルと妊娠の影響

実際に低用量ピルを服用していることで、将来の妊娠にはどのような影響があるのでしょうか。

将来妊娠しにくくなるのであれば、服用するのは怖いですよね。

そこで、低用量ピルが妊娠にもたらす影響について正しい情報を知っておきましょう。

低用量ピルを服用することで妊娠しにくくなる?

結論から言えば、低用量ピルを服用していることで妊娠しにくくなるということはありません。

おそらく、ピルには不妊効果があったり、排卵をコントロールする機能があることから、不妊になるのではないか?といった不安が、そのようなイメージに繋がったのではないかと思います。

ピルを服用することで、服用中は排卵を抑制しますが、服用をストップすれば体は元の状態に戻りますので、排卵もしますし妊娠も可能になります。

また、不妊症となってしまう原因の1つに子宮内膜症がありますが、低用量ピルには、子宮内膜の増殖を抑えるという働きがあるため、子宮内膜症の予防・治療に効果があるとされています。

このことからも、低用量ピルの服用はその後の妊娠に影響があるとは考えにくいのです。

低用量ピルを長期間服用することで妊娠に影響はある?

低用量ピルは、その使用の目的からどうしても長期間の服用になるケースが多いと思います。

そんなに長期間服用して排卵を薬でコントロールしていたら、何かしらの影響があるのでは?と不安になってしまいますよね。

従来使用されていた中用量ピルの場合は、長期間服用すると妊娠に遅れが生じることもあるようですが、現在多く使用されている低用量ピルは長期間服用しても、その後の妊娠に影響がないという報告があります。

実際に私が長期間低用量ピルを服用していても、その後妊娠・出産ができましたので、その実体験については後述しますね。

低用量ピルと出産の影響

低用量ピルの服用で、妊娠に影響がないことはわかりましたが、今度は出産に影響がないのか詳しく見ていきましょう。

低用量ピルを服用していると流産を繰り返す?

低用量ピルを服用していたことで、妊娠はしても子供がうまく成長せず流産を繰り返してしまう「不育症」になってしまうようなことはないのでしょうか?

妊娠しても約15%は流産してしまうと言われています。

流産の主な原因は以下が考えられます。

  • 赤ちゃんの染色体異常
  • ウィルスや細菌などの感染症
  • 子宮筋腫、重複子宮、子宮頸管無力症など子宮の異常
  • RH血液型不適合妊娠(母体Rh-、胎児Rh+の場合)
  • 重度の持病(糖尿病・甲状腺機能異常・高血圧)

流産の原因として最も多いのが、「赤ちゃんの染色体異常」で、次いで「ウィルスや細菌などの感染症」が原因になることが多いです。

この染色体異常は母親の年齢と関係しており、高齢になるにつれて染色体異常の発生も増加するといわれています。

そのため、妊娠前にピルを服用していたことは流産の原因と関係がありません。

低用量ピルを服用していると難産になる可能性がある?

低用量ピルを服用していたことで難産になってしまうかもしれないと考える人もいるかもしれませんが、こちらも結論から言うと全く関係がありません。

というのも、難産になってしまう原因は次の通りです。

  • 骨盤が狭い
  • 太りすぎ or 痩せすぎ
  • 高齢出産
  • 赤ちゃんが大きい・多児出産
  • 回旋異常

これらを見てもわかる通り、ピルの服用と難産はあまり関係ありませんよね。

特に初産(初めての出産)の人は、出産に時間がかかり難産になりやすい傾向にあります。

低用量ピルを服用していたけど妊娠・出産できた!

実際に私自身が低用量ピルを長期間服用しておりましたが、問題なく妊娠・出産できましたので、その経緯を簡単にご紹介したいと思います。

  • 18歳
    生理不順で低用量ピル(ルナベル)を服用開始
  • 30歳
    結婚を機にピルの服用を中止
  • 30歳
    ピルをやめて半年後に妊娠
  • 31歳
    第一子 出産
  • 33歳
    第二子 出産

こうして見ると、約12年間ピルを服用していました。

ずっと15歳頃から生理不順と生理痛に悩まされていて、婦人科の先生に相談し、ピルの服用も紹介されましたが、私自身あまりピルに対しての知識もなく、ただ「怖い」という印象があり、ずっと服用せずに頑張ってきました。

でも、あまりにも生理痛がひどく我慢できなかったため、改めてピルについての説明を受けて、それなら飲んでみようかな、ということで18歳から飲み始めました。

それからは本当に生理が軽くなって、快適そのものでした。

その後結婚が決まり、妊娠を希望していたので12年飲み続けてきたピルを急に中止しました。

ピルを中止すれば、個人差はあるけど早くて2週間、おそくても3か月以内には排卵が起こると説明を受けていました。

ピルを中止してすぐ妊活をしましたが、その後半年で妊娠発覚。

妊娠中も特に問題なく、無事に第一子を出産できました。

出産は初産ということもあり、12時間かかりましたが、先生いわく初産の平均的な時間だそうでピルの服用とは全く関係がなかったといえます。

私自身、かなりの生理不順で無排卵生理を繰り返していましたが、ピルの服用で人工的に整えてあげることで体が規則正しく排卵しやすくなり、ピルの服用をやめても自力で排卵できたのだと先生に言われました。

あのときピルを飲んでいなかったら、いまだに不妊症や生理不順に悩まされていたかもしれないな、と思っています。

低用量ピルの服用による妊娠・出産の影響を考える

今までみてきたように、低用量ピルの服用による妊娠・出産への悪影響は基本的にはないといえることが分かったと思います。

特に妊娠を希望するものの、現在生理不順や子宮内膜症などに悩まされている女性はピルの服用で治療することをお勧めします。

確かにピルは頭痛や吐き気などの副作用もありますので、服用を懸念する人もいると思いますが、ほとんどの人が1か月程度で副作用が緩和します。

どうしても合わない場合でも、低用量ピルの中にもたくさんの種類がありますので、自分に合うものを見つけることができます。

海外ではピルの服用はすでに当たり前で、オランダでは14歳から16歳の若者に無料配布されているくらい普及している薬でもあります。

のちのちの不安があるかもしれませんが、これだけの安全な結果も出ています。

今現時点で何かしらの悩みがありピルの服用を検討している人は、今現在の悩みを解決し快適な生活を送ることを優先的に考えてみてはどうでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました