ピルって避妊だけだと思ってない?知らなかったピルの効果とは?

ピル

ピルは「避妊目的」に使用するという印象がありませんか?

多くの人が避妊のために使用するアイテムと思っていて、特に男性の中にはピルを使っていると、不特定多数の人と関係がある女性なのでは?というイメージを持たれてしまうという話もよく聞きます。

しかし、ピルの効果というのは避妊だけではなく、多くの女性の悩みを解決してくれるのです。

そんなピルのあまり知られていない効果やメリットについて詳しくまとめてみました。

ピルを服用することで得られる効果とは?

ピルを服用することで得られる効果というのは、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

1つ1つ詳しく見ていきましょう。

避妊

ピルには避妊の効果があることは、多くの人に知られていると思います。

ここで間違ってはいけないのが、ピルにもいくつか種類がありその目的に応じて処方されます。

例えば、ルナベル配合錠やヤーズ配合錠の適応症は「月経困難症」であり、避妊のみの目的では処方されません。

ヤーズフレックス配合錠は「月経困難症」に加えて「子宮内膜症に伴う疼痛の改善」も適応となりますが、同様に避妊のみの目的では処方されません。

避妊目的で処方されるピルの代表例としてトリキュラーやマーベロンといった低用量ピルがあります。なお、避妊目的でこれらを処方してもらう場合は全額自己負担となります。

生理痛の緩和

ピルには排卵を抑制する働きがあるので、子宮内膜が厚くなりにくいといった特徴があります。

子宮内膜が厚くなりにくい=月経血が減少するため、生理痛も比較的軽くなります

毎月生理のときには、鎮痛剤を飲まなければ仕事にも行けない…といった人は生理痛がひどいと言えますので、「月経困難症」と診断されます。

よく、鎮痛剤を飲んで痛みを和らげだすと、癖になり薬なしでは痛みが緩和できなくなってしまうという考えから鎮痛剤を飲まずに我慢する女性もいます。

しかし、これには医学的根拠が全くなく、ただただ自分が我慢するだけになります。

生理痛には、ホルモンバランスが影響しているものと、子宮内膜症や子宮筋腫が原因となるものの2種類があり、ピルはこのどちらの原因にも効果が期待できるので、生理痛で悩んでいる人は我慢せずに利用してみると良いでしょう。

生理不順の改善

生理が数か月に1回しかこない、または月に何回もきてしまう、といった生理不順についてもピルは効果的です。

ピルを使用して排卵をコントロールするため、規則的な生理にすることができます。

ピルによって生理を規則的にすることで、体が規則正しいリズムになっているので、ピルの服用を中止しても規則正しい生理になるケースが多いです。

排卵のコントロール

生理が順調に来ている女性の中には、排卵しておらず妊娠しにくい状態の人もいます。そういう状態のことを「無排卵周期症」といいます。

無排卵の場合、妊娠ができない状態なので、今すぐ妊娠を望む場合は「排卵誘発剤」などを使用しますが、のちのち妊娠できる体にしたいという人にはピルが処方されることがあります。

排卵をコントロールすることで、ピルを中止しても妊娠しやすい体作りをすることに繋がります。

卵巣がん・子宮体がんの発症率の低下

卵巣がんは、排卵後の卵胞に落ちてきた卵管の細胞ががん化する場合や、排卵の後に起こる「月経」によって進行・悪化していく子宮内膜症などからがん化しやすいことがわかっています。

そのため、排卵の数が多いほどがんになる機会も増えると言えます。

子宮体がんについては、エストロゲンという卵胞ホルモン(女性ホルモン)の値が高いと子宮内膜増殖症になり、のちに子宮体がんや子宮内膜がんを発症することが分かっています。

ピルの「排卵回数を減らす」と「エストロゲンによる内膜腺細胞の増殖を抑制する」という役割に、2つのがんの発症を減らす効果が期待できます

ニキビ・肌荒れの改善

女性の中には「生理前になると必ずニキビができてしまう」という悩みを持った人もいると思います。

そうなると毎月ニキビに悩まされることになり、できては治りを繰り返し、結局常に顔にニキビがある状態になってしまいますよね。

そんなニキビは女性ホルモンが大きく影響しているため、ピルによって女性ホルモン量をコントロールすることで改善する可能性があります。

ピルはホルモンバランスを整えるだけでなく、男性ホルモン量も抑制する働きがあるので、皮脂の分泌も減らす効果があり、それがニキビ発生を抑えられるので、ニキビに悩んでいる女性はピルの服用も効果が期待できるかもしれません。

ピルの効用は避妊目的だけではない

これまで見てきたようにピルの使用目的は避妊だけではありません。

むしろ、ピルには女性が毎月くる生理についての悩みを解決してくれる救世主ともいえる役割を果たしていることがわかります。

ピルを使用するときに「避妊目的にしようしている」=「不特定多数の男性関係がある」と思われるのが嫌で、気になるけどなかなか使用に踏み切れない女性もいるかもしれません。

そんな女性には、近年オンライン処方でピルを購入できる手段もありますので、自宅にいて誰にも見られることなくこっそり服用することも可能です。

もちろん定期的な検診は必要になりますが、特に体に異常がなければ2〜3か月に1回、慣れてくればもう少し少ない頻度の検診でも問題ないとされています。

ピルの購入を検討している人は、偏見の目を気にせずピルを使用を検討してみてはいかがでしょうか。

ピルは女性の悩みの救世主ということを知ってほしい

日本では、まだまだ避妊目的という印象が強いため、なかなかピルを気軽に手にできない女性も多いのが現状だと思いますが、すでに海外では当たり前のようになっており、2019年の国連人口部の統計によると、カナダは43.7%もの女性がピルを使用していると言います。

日本で低用量ピルが承認されたのは1999年で、アメリカからは約40年も遅れていました。

国連加盟国のうち最後の承認国ということもあり、まだまだピルへの認知が低い日本ですが、ピル自体の精度はどんどんあがってきていますし、安全性も確立されています。

生理痛や月経困難症、ニキビなどで悩んでいる女性にとっては、毎月がつらい日々となりますので、是非ピルを使用して改善していただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました