月経カップが取れない時は病院へ行くしかない!そのリスクと危険性

月経カップ

一度購入すると何度も使える便利な生理用品の月経カップ。

ただし、ユーザーの中には取り出す時に苦労した経験がある人も少なくないようです。

今回は月経カップが取り出せなくなるリスクなどについて、実際のユーザーへのアンケート結果などを踏まえて確認していきます。

月経カップが取りにくい、実際に取れなくなった経験がある人は?

月経カップのユーザー20人に対して「月経カップが取り出しにくくなった経験や取り出すのに苦労した経験がありますか」という質問で得られた回答は以下のとおりです。

あると回答した人が60%であり、過半数の人が取り出しにくい経験や取るのに苦労した経験があるという結果になりました。

特に使い始めや慣れないうちは取り出す際に苦労するケースも少なくないことが想定されます。

一方で実際に月経カップが取り出せなくなってしまった経験について質問したところ、以下の結果となりました。

実際に最後まで取り出せなくなったという経験があると回答した人は5%(一人)のみという結果でした。

上記のように、取り出しにくい・取り出すのに苦労するという人は比較的多いものの、実際に最後まで取り出せなくなるケースは非常に稀と言えます。

もし、本当に取り出せなくなった場合は病院やクリニックの産婦人科等を受診してとってもらうようにしましょう。

月経カップが取れにくい時の対処法

月経カップが取り出しにくい時の対処法を教えてください、という質問に対しては主に以下のような回答が得られました。

姿勢を変えて試す

・ 座った姿勢が一番取り出しやすいので、中腰になるか何かに腰掛けてから取り出します。 (26歳・女性)

・ 座っていて取り出せないなら立ってみる、立って取り出せないなら座ってみるなど姿勢を変えたり、指を入れる角度を変えてみる。 (48歳・女性)

・ 座った状態だと取り出しにくいので少しお尻を浮かせた状態で取り出すようにしています。 (29歳・女性)

月経カップが取り出しにくいと感じた場合にまず試したいのが姿勢を色々と変えてみることです。

月経カップは位置がずれたり空気が入ったりすると急に取れたりすることもあるため、まずは姿勢を変えて月経カップの位置をずらしやすくすることを試してみましょう。

お腹に力を入れる

・ まず利き手の爪は短くしておきます。下腹に力を入れるとカップか降りてくるので、そこでつかみます (40歳・女性)

・ あまり膣の中に指はいれたくないので、とにかく下腹に力を入れて押し出す。 (31歳・女性)

・ トイレの便座から腰を浮かした状態や、イキんで取り出したりもしました。 (41歳・女性)

お腹に力を入れることである程度月経カップの位置をコントロールできる人も多くいるようです。

こちらも試しやすい方法と言えるので取り出しにくいと思った時にまず試してみたい方法の一つです。

ずらすようにして出す

・ 力まないようにしてそっと月経カップをずらすようにする (26歳・女性)

・ 月経カップを優しく左右に動かしながら、ゆっくり取り出す。 (19歳・女性)

取り出し方も工夫できる点があります。一気に取り出そうとせず少しずつずらして取ることで、取り出せるポイントになると急にスルっと取れることがあります。

その他

・ シャワーを浴びて滑りを良くしてから取り出す。 (31歳・女性)

・ 一度立ち上がって、トイレの中で少し動いてみる (33歳・女性)

・ トイレなどで大きく足を広げてあげると意外と取りやすいと思います。 (22歳・女性)

その他の意見として、シャワーで滑りを良くする、立ち上がって動いてみる、足を思いっきり広げるなどの内容もありました。

取り出しやすい方法は人によって様々であるため、慣れないうちは色々な方法を試して自分に合った取り出し方を見つけるようにしましょう。

月経カップを規定の時間以上に使った経験がある人は?

月経カップを取り出さずに長時間使った経験がある人はどの程度いるか、についても調査してみました。

製品ごとに決められている最大の装着時間以上に月経カップを使い続けた経験はありますか」というアンケートの結果は以下のとおりです。

25%の人が規定の時間以上に月経カップを使い続けたことがあるという結果でした。

また「月経カップを長時間使っていて体調や生理の調子が悪くなったり、違和感を感じたりした経験はありますか」という質問の回答は以下のとおりです。

こちらは15%の人が体調の変化や違和感を感じた経験があるという結果でした。

上記の質問で「ある」と答えた人の具体的な体調の変化や違和感は以下のとおりです。

・腹痛が起きやすい気がする (25歳・女性)

・しっかりとした位置に装着できてないと痛いです。 (38歳・女性)

・月経カップが取り出しにくかったり、膣内が気持ち悪くなりました。 (41歳・女性)

上記のように、腹痛などの痛みや、取り出しにくくなるなどが実際の体験談として挙げられました。

その他、月経カップを長時間使う上で最も注意したいのが、感染症やトキシックショック症候群です。

特にトキシックショック症候群は最もひどい転帰では足を切断したり死亡する例も報告があり、非常に注意が必要です。

月経カップのデメリットは?トキシックショック症候群を理解しよう

決して頻度が高いものではありませんが、規定の時間を守って使えばそもそもそのようなリスクもほぼゼロとなるため必ず使用時間は守るようにしましょう。

月経カップが取りにくいと感じる場合は、今回紹介した実際のユーザーの工夫点なども参考にし、どうしても取れない時は躊躇せず病院やクリニックを受診するようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました