月経カップの洗い方│ほんの少しの裏技で簡単に清潔に保管可能!

月経カップ

月経カップを使う場合、清潔に利用するために洗い方やお手入れの方法を知っておく必要があります。

この記事では月経カップのメーカーによる洗い方の説明実際の利用者に聞いた洗い方のコツなどをまとめています。

月経カップの洗い方は煮沸が基本|専用の洗剤を使う場合も

月経カップの洗い方としては以下の2点が主なものです。

・煮沸をする
・専用の洗剤を使って洗う

専用の除菌剤を使う方法もありますが、それらを使わなくても煮沸することでより経済的に清潔に保てる製品がほとんどです。

日本でもよく用いられている代表的な月経カップの煮沸方法は以下の通りです。

ローズカップ 煮沸方法

●鍋を使用する場合:カップ全体が水に浸かる位の水量で沸騰させます。
沸騰してからカップを鍋の中に入れて、弱火で10分程度煮沸させて下さい。
このとき、鍋底にカップが付かないようにお玉のようなものを使用してカップを浮かせて煮沸をして下さい。
10分程度煮沸したあと火を止めて取り出して下さい。
取り出す際は、蒸気や熱湯、熱くなったカップによる火傷には十分注意してください。
●レンジを使用する場合:マグカップや耐熱容器にカップ全体に水か浸かる位の水量で5分程度煮沸させて下さい。
お湯が溢れるのを防ぐ為、できれば深めで蓋のある容器をお薦めします。
5分後取り出す際、容器が熱くなっておりますので、触れる程度に冷ましてレンジから取り出して下さい。
この時、容器や蒸気、熱湯や熱くなったカップによる火傷には十分注意しながら取り出して下さい。

メルーナカップお手入れ方法

・鍋の沸騰水で
メルーナが浮くぐらい十分な水を沸騰させ、メルーナをその中に3分~5分間浮かせて入れるだけです。
※メルーナが鍋の底やフチに触れると溶けることがあるので触れないように気をつけてください。水の入っていない熱い鍋に放置しないでください。メルーナを泡だて器の内側に入れるとメルーナが溶解してしまうのを防ぎやすくなり、取り出す時の火傷も防ぎやすくなります。
・電子レンジで
耐熱容器にメルーナと水を入れ、沸騰させます。メルーナに使用されているTPEは無極性で電子レンジで加熱しても燃えることはありません。
少量の塩を加えると、変色を防ぎ、洗浄効果を高めます

月経カップを清潔に使うほんの少しの裏技|これをやっておけば清潔に保管可能

月経カップを清潔に使う方法や洗い方のコツについて、実際に月経カップを利用している人へのアンケートでは以下のような回答がありました。

専用の洗剤などを使う

・ まず専用の洗浄剤につけて、それから外側と内側を二度洗うようにしています。 (20代・女性)

・ 月経カップ専用の洗剤を使っています。 (30代・女性)

・ 取り出した後は毎回煮沸消毒アルコール除菌をしています (30代・女性)

通常の煮沸とは別に専用の洗剤などを使う方法もあります。メーカーから推奨されている洗浄液がある場合や煮沸が手間と感じる場合はこちらの方法も検討しましょう。

また、入念に消毒アルコール除菌をするという回答も見られました。

洗い方に工夫を入れる

・ 特に空気穴を清潔に保つため、カップの口を手で押さえて空気穴からも水を出すようにしています。 (30代・女性)

・ 煮沸する時にお酢を小さじ半分入れて雑菌対策をしている (40代・女性)

・ 月経が終わったら、オキシクリーン漬けして乾かしてからジップロックに入れてしまっています。 (40代・女性)

煮沸する際や洗う際に一工夫入れているような回答も見られました。専用の洗浄液以外を使う場合は念のため問題ない素材であるかも確認しましょう。

特に乾燥に注意する

・100均ショップのペットボトル干しを利用して干すと速く乾くので工夫しています。 (40代・女性)

・ 洗い方と言うよりきちんと乾かすようにしています。 (40代・女性)

・ きちんと丁寧に乾かすこと (20代・女性)

 

意外と見落としがちなのが保存する前にしっかり乾燥させることです。乾かないうちに保存したりすると雑菌などの原因となるため、しっかり乾燥していることを確認してから保存するようにしましょう。

上記の回答のようにペットボトル干しなどを利用する方法もあります。

月経カップを洗うのは面倒?使用者の意見は

月経カップを洗うのは面倒なのか、実際の使用者20人にアンケートをとった結果は以下の通りです。

他の生理用品と比較して「楽だと思う」は45%、「面倒だと思う」は55%でありやや面倒と思う人の方が多い結果となりました。

実際に月経カップを利用した人でも半数程度が面倒と感じる面があるのが実情のようです。

一般的な月経カップのメリットは以下のような点です。

・初回の費用を払えば長く使える
・ナプキンやタンポンのようにゴミが出ない
・ナプキンよりも漏れの心配が少ない
・タンポンのように紐が外に出ることもない
・最長12時間程度は交換しなくても可
・ニオイが気にならない

一方で以下のようなデメリットもあります。

・慣れるまでに時間がかかるケースがある
・人によっては月経カップでも漏れることがある
・交換の時に手が汚れることがある
・洗浄や手入れがやや面倒
・感染症のリスクが少なからずある

上記のように月経カップにはメリット・デメリットがあり、生活スタイルや使用する場面、同居人の有無などによっても向き・不向きがあります。

月経カップの特徴を正しく理解し、自分にとって向いているかを考えた上で利用するか決めるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました