月経カップが開かないのは狭いから?うまく開かないときの入れ方のコツ

月経カップ

月経カップは使う上でコツがあり、上手く開かないという経験をする人も多くいます。

この記事では主に初心者に向けて月経カップを上手く開かせるコツなどをまとめています。

月経カップが上手く開かない場合など参考にしてください。

月経カップを使っていて開かない経験がある人は8割以上?

20代〜40代の月経カップ使用者20人のアンケートでは、月経カップを使っていて中で開かない経験がある人は8割以上という結果でした。

内訳は「経験なし」が15%、使い始めは経験があるものの「慣れるとあまりない」という人が55%、「慣れてからもある」という人が30%という結果でした。

多くの人は最低でも一度は開かないという経験があるため、特に初心者では上手く開かないのは一般的と言えます。

また、慣れるとあまりないという人が55%と最も多く、使い始めで苦戦してもコツをつかむとその後は上手くできる人が多いことがわかります。

月経カップが中で上手く開かない原因は?サイズの問題や個人差で狭い?

月経カップが中で上手く開かない原因として以下のような点が挙げられます。

①開く位置まで押し込めていない
②折り方や入れる角度の問題
③月経カップのサイズが合っていない
④個人差で狭い

①位置が浅い、押し込めてない

入れる位置が浅く適切な位置まで押し込めていない場合は上手く開かない原因となります。

特に使い始めは奥まで押し込むのが怖いと思う人も多いと思います。しかし、月経カップの適正な位置は比較的奥の方であり、押し込む位置が浅いために開かないこともあります。

また、位置が浅い場合は月経カップが下がってくる原因ともなります。

上手く開かない場合は位置が浅い可能性も考慮し、少しずつ上下させながら適正な位置を探ってみましょう。

②折り方や入れる角度の問題

折り方や入れる角度の問題もうまく開かない原因の多くを占めます。

月経カップには複数の折り方がありますが、上手く開かない場合は折り方を変えるのもありです。また、どの折り方でも硬く折りすぎない点は心がけましょう。

入れる角度も注意が必要です。特に最初はいろいろな角度を試して自分にあった角度を見るけるのが重要です。

上手く開かない場合、折り方や角度を変えることで上手くいくことも多いため、負担がない範囲で何回かチャレンジしてみましょう。

③月経カップのサイズが合っていない

月経カップのサイズが合ってない可能性もあります。特にアメリカのメーカーだと日本人には大きく感じるケースもあるため、最初は小さめのカップを選ぶのが安全です。

何回か試してやはりサイズが合ってないと感じる場合は、もったいないですが小さいサイズを買い直すことも検討しましょう。

④個人差で狭い

個人差で膣が狭いという原因も可能性として少なからずあります。多少の個人差であれば月経カップが使えないという可能性は低いですが、自分ではどのくらいが一般的かもわかりにくいものです。

何回か試して小さいサイズの月経カップでも大きさが合ってないように感じる場合は、婦人科やレディースクリニックで相談することも検討しましょう。

ただし、実際には狭いと思い込んでいるだけで、本来の原因は①の折り方・入れ方の問題や②の入れる位置が浅い、ということがほとんどです。

入れ方が悪かったり入れる位置が浅いと、月経カップが下がってくる原因にもなるため、自分の膣が狭いという結論を立つ前にまずは①、②の原因を疑うようにしましょう。

月経カップを初心者でも上手に開くようにするコツ

月経カップを初心者でも上手に開くコツ。実際に月経カップを使用している人にアンケートで聞いてみた結果は以下のとおりです。

奥の方までしっかり押し込む

なるべく奥の方まで押し込むと綺麗に1発で開きます。
(20代・女性)

躊躇せずに一気に奥まで入れるようにしています。
(40代・女性)

少し奥めに入れておいてひねりながら引くようにするとうまく開く率が高いです。
(40代・女性)

まず試したいのが奥の方までしっかり押し込むということ。

先述のとおりうまく開かないのは位置が浅いというケースが多くあり、奥の方まで押し込むのが上手く開かせるコツという経験者も多いです。

奥まで入れてると取り出せなくかもと心配になるかもしれませんが、ユーザーアンケートでは実際に取れなくなり病院に行った経験がある人は5%のみという結果でした。

月経カップが取れない時は病院へ行くしかない!そのリスクと危険性

取りにくくなった経験をした人は少なく無いものの、本当に取れなくなる人は稀であるため奥まで押し込むことの心配はほとんど要りません。

特に使い始めの人は奥まで入れることを躊躇しがちですが、月経カップの適正位置は意外と奥の方であるため注意しましょう。

折り方を工夫する

開きやすいようきっちりと半分に折りたたまないようにしています。また、入れた後にきれいに開くようカップの下の方を押しています。
(20代・女性)

複雑な折り方をしない
(30代・女性)

先端を細くするように折っている。
(30代・女性)

折り方を工夫するというのがコツという人も多くいます。

どのような折り方をするかも大事ですが、あまり硬くキッチリと折りすぎない、複雑に折りすぎないのがポイントです。

上手く開かない場合、折り方を変えたり柔らかくおることで上手くいくことも多くあります。

月経カップの折り方については「Cフォールド」、「パンチダウン」、「ラビア折り」などがおすすめです。

以下の記事でも紹介しています。初心者に向いている折り方も紹介しているので参考にしてください。

月経カップの折り方3選│初心者でも手軽で開きやすい奥の手

入れる向きや角度を工夫する

自分の膣の位置を確認した上で角度などを気をつけながら入れる
(30代・女性)

真っ直ぐいれず、少し斜め後ろに入れる
(30代・女性)

入れる時の向きを工夫しています。私の場合は、お尻の方に向かって入れるとスムーズに入り、開きやすいです。
(30代・女性)

 

入れる時の向きや角度も気をつけるポイントです。

特にまっすぐ入れるというよりは少し斜めに入れるという意見も多く見れられます。

膣の形状は個人差が大きいため、色々な角度や向きを試してみましょう。

水やお湯を利用する

手を濡らした状態でやる
(30代・女性)

十分にぬるま湯に浸すか水で濡らすと開きやすいし、入れやすいです!
(40代・女性)

水やお湯を上手く使って開かせるという方法を使っている人もいます。

滑りを良くする効果も期待できるため、上手く入らない場合や痛みが伴う場合も試してみたい方法です。

人によって正解は違うので色々試してみる

月経カップを上手く開かせる方法の正解はひとつではありません。

体の形や大きさが一人ひとり違うので、自分に向いている折り方も変わってきます。

大事なのは一つのやり方にこだわらないこと。

上述したような月経カップ経験者の方の意見など参考に、色々試して自分に合う正解を見つけてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました