月経カップで漏れる原因は?位置が浅い可能性や下がってくるのを防ぐには

月経カップを使う上で問題となることが多い「漏れ」について、漏れる原因やその対策、月経カップの位置や下がって来る原因についてもまとめました。

月経カップで漏れることに悩んでいる場合や、漏れを心配している場合など参考にしてみてください。

目次

月経カップで漏れる原因|位置が浅いことが多い

月経カップで漏れを経験した30人に対するアンケートでは、漏れる原因として以下のような結果となりました。(2022年1月クラウドソーシングにて実施のアンケート調査結果)

一番は位置の問題|位置が浅いなど

漏れる原因で一番多いのが位置の問題です。

「位置が浅い、ズレていたなど位置の問題」を原因に挙げた人は43.3%と半数近くを占める結果となりました。

月経カップで漏れてしまった場合、まずは位置が浅い可能性、位置がズレている可能性を疑うのが良さそうです。

まだ、最初の方で慣れていなかったので、浅かったようで漏れましたが、一応していたナプキンで助かりました。(愛知県・40代・女性)

ちゃんと奥までカップをはめれていませんでした。(福岡県・30代・女性)

経血量が予想よりも多いのは?

原因で2番目に多かった(26.7%)のが「経血量が予想よりも多かった」という内容です。

これは普段ナプキンなど他の生理用品を使用している場合に実際の経血量が把握しにくい、という理由もあります。

また、本来はもっと短時間で変えるべきところを無意識に長時間つけすぎている可能性もあります。

そのため、別途原因として挙げられている「長時間つけていた」という原因とも近いとも言えます。

量の多い2日目にカップから溢れてしまいました。(静岡県・40代・女性)

量が多い日の夜に使用してしまい、寝返りを繰り返していたら漏れてしまった。(石川県・20代・女性)

月経カップが下がって来る原因も位置が浅いことが多い

月経カップが下がって来て位置が浅くなり結果的に漏れるというケースもあります。

この月経カップが下がってくる原因もそもそもの位置が浅いことがほとんどです。

中にはサイズが合っていなかったり、経血量があまりに多いと下がってくる原因にもなり得ますが実際には珍しいケースです。

月経カップが下がってくるという点で悩んでいる場合もまずは位置が浅いことが原因として多いことを知っておきましょう。

なお、月経カップの適正な位置や入らない時の対処法、基本的な使い方などは以下の記事でもまとめているので併せて参考にしてください。

月経カップの使い方や入れ方|入らない時の付け方や対処法なども

漏れるのを防ぐ対策

月経カップで漏れることを防ぐ対策についても同様にアンケートを取った結果を確認していきます。

月経カップの位置に注意する|奥まで入れる

月経カップで漏れる原因で一番多いのが位置が浅いことによるものです。

これに対する解決策は月経カップを正しい位置まで(奥まで)入れることです。

特に月経カップを使い始めの場合は奥まで入れるのが怖いと感じますが、月経カップの適正な位置は自分が思っているよりも奥であることが少なくありません

月経カップを奥まで入れても取れなくなるケースはほとんどないので、あまり怖がらずに入れることが重要です。

・ できるだけ奥まで装着するようにしたら漏れないようになったので奥までいれることがコツかと思います。最初は少し怖いけど(大阪府・20代・女性)

・ 最初は怖いかもしれないけれど、奥まできちんといれると漏れないし動かないです(埼玉県・30代・女性)

こまめに取り出す

経血量が予想よりも多かったことも漏れる原因として多く挙げられています。

そのため、こまめにトイレに行って月経カップを取り出し経血を捨てて入れ直すことも漏れを防ぐ有効な対策の一つです。

もともとナプキンなどの生理用品を利用していた人は、自分の経血量を正確には把握できてない場合も少なくありません。

特に経血量が多い2日目などは特に頻繁に取り出すことを意識すると安全と言えます。

・ 出血が多い人は特にこまめにトイレに行き交換することです(福岡県・20代・女性)

・ 小まめに取り出し、違和感があった場合はすぐ入れ直す。(千葉県・20代・女性)

下がってくることを防ぐ

月経カップが下がってくることを防ぐのも漏れの対策の一つです。

下がってくることを防ぐには、やはり奥までしっかりと入れることの他、月経カップのサイズや形にも気を使うという意見が多くみられました。

また、小さ目のサイズのショーツを身につけると下がってきにくくなるという意見もいくつかみられました。

・ きちんと奥まで挿入することと、自分の膣の大きさにあったものに出会うまで色んなものを試してみることだと思います。(福岡県・20代・女性)

・ ワンサイズ小さいサニタリーショーツを身につけておけばカップが下がってきません。(千葉県・30代・女性)

ナプキンも併用する

漏れを改善する対策ではありませんが、心配な場合はナプキンを併用するという意見も多くみられました。

月経カップの使い始めなど慣れないうちはナプキンも併用しておくと万が一漏れた時も安心なので有効な対策と言えます。

特に3日目くらいまでの量が多い期間は実践してみるのもおすすめです。

・ 初日~3日目まではナプキンとの併用(北海道・20代・女性)

・ なるべく力を抜いた状態で挿入するのと、あまり漏れることに構えると意識した動きをして悪循環になるので、量が多い日はナプキンと併用する。東京都・30代・女性)

その他

その他に以下のような意見もありました。

・ カップを水に濡らしぐっと奥まではめこむ。(福岡県・30代・女性)
・ カップを回したりして、正しく装着でいるか確認していました。(神奈川県・20代・女性)
・ カップの種類を二種類にして多い日用と普通の日用に分けています(静岡県・40代・女性)

うまく装着できてないと感じる場合は、上記のようにカップを水に濡らしてピッタリ装着できるようにしたり、中で回してみて正しく装着できているか確認するのも有効です。

また、月経カップのサイズを多い日用と普通の日用を分けているという意見もみられました。

その他、月経カップが中でうまく開かないことが原因の場合は、開きやすい折り方を実施することも対策になります。

月経カップの折り方のアンケートでは、Cフォールドやパンチダウン、三角折りなどが開きやすい折り方として人気でした。

月経カップの折り方については以下の記事でも詳しくまとめているため、参考にしてください。

月経カップの折り方3選|開きやすい初心者向けのCフォールド、パンチダウンなど動画も

月経カップで漏れる経験をした人の割合

月経カップで実際に漏れる経験をしたことがあるかのアンケート結果は以下のとおりです。

月経カップで漏れた経験がある人は実に6割以上であり、3人に2人程度は漏れる経験をしているという結果でした。

この点から月経カップを使い始める上では漏れることもあるという前提で使うことが重要と言えそうです。

特に使い初めは前述したナプキンも併用するなどの手段は非常に有効です。あまり月経カップを信頼しすぎず漏れる前提で使っておけば実際に漏れた時も落ち着いて対処できるため、あらかじめて心がけておきましょう。

一方で月経カップは使い慣れれば漏れることもほとんどなくなり、かなり快適な生理用品となります。

慣れるまでのハードルは他の生理用品と比べてやや高めですが、1、2回の漏れを経験したとしてもしばらくは使い続けてみる価値はある生理用のため、今回の対処法などを参考により良い月経カップライフを目指してみてください。

漏れとは別に痛みがある場合は別の原因があるかも

月経カップは漏れの他、痛みがあるという悩みがある人も少なくありません。

月経カップによる痛みは入れる時の痛み、取り出す時の痛み、中に入れた後の痛みなど痛みの種類によっても原因が異なってきます。

月経カップの痛みや違和感の原因、対処法などを以下の記事でまとめているので併せて参考にしてください。

月経カップが痛い|入れる時や取り出し時の対処法や入れた後お腹の違和感も

月経カップの使用は正しく衛生的に

なお、月経カップを使う際には必ず正しい使い方で衛生面には注意を払いましょう。規定の時間以上の長時間使ったり、おりものに使うなどの間違った使い方は感染症などのリスクを高める可能性があります。

月経カップをおりものに使ったり不衛生にした時のリスクなどは以下の記事でもまとめているので参考にしてください。

月経カップをおりものに使うのはNG?不衛生のリスクについても

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

女性の生理や不調などについて記事にまとめています。

よろしければ参考にしてください。

コメント

コメントする

目次
閉じる