生理でナプキンがないときの緊急事態は身近なもので代用できる!

生理

急に生理になってしまい、手持ちでナプキンがないときはみなさんどうしますか?

近くにコンビニなどがあれば良いですが、場合によってはすぐに買いに行ける場所にコンビニや薬局がないこともあります。

生理になってしまったけど、ナプキンがないときの対処法についてすぐに実践できる方法を伝授しますので、是非チェックしてみてください。

生理でナプキンがないときに困った経験は?

生理というのはだいたいの周期は決まっているものの、それには個人差があり生理開始予定日から数日ずれてしまい、思ってもいない日に生理が始まってしまったという経験がある女性は多いです。

毎日ナプキンを携帯しておらず、ついつい忘れがちになってしまい、生理がきてしまったときに持ち合わせがないこともあります。

引用:PR TIMES LAQDAプロジェクト

こちらのアンケートをみても分かる通り、9割以上の女性が生理が始まったにもかかわらず、生理用品を持ち合わせていなかったという経験があるようです。

毎月のこととわかっているのですが、ついうっかり忘れてしまうものです。

そこで、生理になってしまったのに生理用品が手元になかった場合、どうすれば良いのでしょうか。

生理でナプキンがないときに使える代用品

ナプキンとして使える代用品についてご紹介します。

今回は、多くの女性が日頃から持ち歩いているものや身近にある、比較的代用しやすい物でピックアップしてみました。

トイレットペーパー

急に生理になってしまった場合、とりあえずみなさんトイレに駆け込むと思います。

そして、そこにはトイレットペーパーが常備されていると思いますので、とりあえずトイレットペーパーでナプキンの代わりにショーツにあてておく、という方法が一番手っ取り早いです。

デメリットとしては、トイレットペーパーは水に溶ける性質がありますので、長時間ナプキンの代用として使うことは難しい点です。

また、テープなど固定するものがないとズレやすいため、経血量が多いと漏れてしまうという可能性もあります。

トイレットペーパーを生理用ナプキンとして代用する場合は、あくまでも一時的にピンチをしのぐためのものとして扱ってください。

長時間乗り切るのは難しいので、一時的にトイレットペーパーでしのぎながら、コンビニでショーツやナプキンを購入するのがベストと言えます。

関連記事:コンビニにショーツは売ってる?買ったことある?恥ずかしくない?

ハンカチ・タオル

ハンカチやタオルを持っている場合、こちらをナプキンの代用品として使うのも良いと思います。

いわば布ナプキンと同じような感じですので、トイレットペーパーよりは厚手ですし、吸収率が良く、経血漏れの心配も少なくなります。

デメリットとしては、やはりトイレットペーパー同様ズレの心配があります。

また、タオルも厚手のものしかない場合、それをショーツに挟むことでゴワゴワ感が出てしまう可能性もあります。

背に腹はかえられませんので、生理になってしまったけど生理用品が何もない場合は、とりあえずゴワゴワしてしまったとしてもピンチをしのぐためには有効と言えます。

おりものシート

日頃からおりものシートを使用している人は、とりあえず経血が外へ漏れないための対策しとして使う分には、おりものシートでもピンチをしのげます。

おりものシートは、経血を吸収するための構造にはなっていないため、長時間の使用や経血量が多い場合は、カバーするのが難しいかもしれませんが、テープがついているのでズレる心配はありません。

マスク

近年、コロナウイルスの影響でマスクは携帯している人が多いのではないでしょうか。

マスクはまったく吸収する要素がないので、トイレットペーパーの方がまだマシなのではないかという意見もあると思います。

しかし、公衆トイレでトイレットペーパーを常備していないところもあり、本当に何もない場合はマスクという手もあります。

私自身経験はないですが、知人がまさに外出先で急に生理になってしまい、トイレも近くになかったためとりあえず手持ちであった予備のマスクをこそっとあててコンビニに走ったという話を聞きました。

パンツやスカートを汚してしまうことを考えたら、マスク一枚でも挟んでおけば少しの経血なら汚れてしまうのを防げるかもしれません。

代用品で済ます際の注意点

ナプキンがないのに急に生理になってしまった場合、いくつか注意しなければならない点もありますので、事前に確認しておきましょう。

ホワイト系のパンツやスカート

急に生理になってしまったときに履いているパンツやスカートが色の淡い白系の場合、経血漏れが目立ってしまいます。

その場で染み抜きをしても血液の汚れはなかなか簡単には落ちませんし、水で染み抜きをして濡れた状態で履くわけにもいきませんよね。

生理になりそうな期間は、ホワイト系の衣類は避けて、万が一経血で汚れてしまっても、汚れが目立ちにくいブラック系の服を着るようにしましょう。

万が一、パンツやスカートを経血で汚してしまって、汚れが目立つ場合はカーディガンを腰に巻いたりするなど対策しましょう。

オキシクリーンは血液を除菌漂白できる?時間が経っても効力あり?

代用品ということを忘れない

仕事が忙しかったり、外出先だとうっかり代用品であることを忘れてしまうことも考えられます。

代用品はあくまでも代用品で、長時間使用するともちろん経血は漏れてしまいますので、「一時的に代用品を使用しているんだ」ということを忘れないように気を付けましょう。

生理のナプキン忘れを無くすために

思いがけない生理で、ナプキンがないというピンチを迎えないために、どのように対策すれば良いのでしょうか。

予備ナプキンを常に携帯しておく

基本的なことではありますが、予備ナプキンを1枚常にカバンにしのばせておくのが一番手っ取り早く簡単にできる対策なのではないかと思います。

どうしても生理でもないのにナプキンを携帯するのは億劫な気もしますが、万が一のピンチを考えたらこれ1枚でピンチがしのげるので、メリットの方が大きいです。

カバンでなくても、会社の引き出し、車の中など、自分が日頃から使う場所に置いておくのも良いでしょう。

また、紙ナプキンだとあからさまにナプキンだと分かってしまうので、恥ずかしい気持ちがある女性もいるかもしれません。

そんな女性には布ナプキンもおすすめです。

布ナプキンは見た目の柄も可愛いデザインのものが多いですから、一見ナプキンと分かりづらいものもあります。

紙ナプキンを携帯するのは恥ずかしいと考えている女性は、応急措置用の生理用品は布ナプキンに代えてみるのもお勧めです。

布ナプキン交換時の徹底解説!処分や手が汚れないための解決策

低用量ピルで生理日を把握しておく

低用量ピルは避妊目的で利用するイメージがあるかもしれませんが、生理日をコントロールする目的でも使用可能です。

低用量ピルは毎日1錠服用し、1週間服用をお休みすることで、その期間生理がくる仕組みです。

そのため、生理がくる期間は自分がピルの服用を休んだ期間になりますので、自分自身で生理日を把握することが可能です。

また、1週間前後であれば自分の都合で生理日を変えることができますので、予定も立てやすいというメリットもあります。

もちろん薬ですので副作用の心配もありますし、医師の処方がないと手に入らないため手軽に入手できないというデメリットもあります。

しかし低用量ピルのは、避妊や生理日のコントロール以外にもたくさんのメリットがありますので、事前によく知ってから服用を検討してみてください。

ピルは子宮がん発生リスクの減少効果が?!意外なメリットを紹介!

基礎体温をつけておく

基礎体温とは、基本的には寝ているときの体温を測るのですが、自分で寝ているときの体温を測るのは難しいので、朝起きて体を起こす前に毎日体温を計り、その体温で排卵日や生理日などをチェックすることを言います。

女性ホルモンのバランスが整っていて、排卵にも問題がなければ、大きく「高温期」と「低温期」という期間に体温が分かれます。

排卵すると体温は上昇し、高温期の状態が次の月経までの約2週間は続きます。

そして月経がくる前に体温が下がりますので、体温が下がれば生理がくるということも分かります。

毎日計らなければないないため面倒に感じるかもしれませんが、毎日基礎体温を測ることで生理日だけでなく、妊娠の有無も分かりますし、自律神経の乱れ、無排卵の可能性も把握することができるという大きなメリットもあります。

妊娠を希望している女性は、基礎体温で排卵日を狙うことも可能ですので、日頃から計っておいて損はないと思いますよ。

ナプキン忘れを上手に乗り切ろう

急な生理で困ってしまう経験がある女性は多いと思いますが、毎月きて長い付き合いになる生理なので、なるべくストレスを減らしていきたいですよね。

少しの対策でいくらでもピンチは乗り切れますので、自分に合った方法で対策してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました