コンビニにショーツは売ってる?店舗別の比較やレディースもののサイズなど

生理

出先で急に生理になってしまったり、経血量が多くショーツを汚してしまい、新しいショーツが欲しいという緊急事態に見舞われることってありますよね。

そんな時、比較的どこにでもあるコンビニにショーツが売っていれば便利ですが、実際どうなのでしょうか。

コンビニでショーツを購入できるのか、また購入時に恥ずかしくならない対策について伝授します。

コンビニにショーツは売っている?

結論からお伝えすると、基本的にどこのコンビニでもサニタリーショーツ(生理用ショーツ)は取り扱いがあります。

また、ショーツだけでなく生理用品(ナプキン・タンポン等)も販売してありますので、外出先で急に生理になってしまっても、コンビニがあればとりあえずなんとかなります。

ただし、男性下着は割と種類がある店舗もありますが、女性用ショーツはそんなに種類が豊富にそろっているわけではなく、およそ1~2種類程度を置いているコンビニがほとんどな印象ですので、あくまでも緊急事態に使用するという感じですね。

コンビニショーツの内容は?|セブンイレブンやファミマ、ローソンの比較など

ショーツの価格帯

大手コンビニのセブンイレブンやローソンなどで見かけるサニタリーショーツの平均価格は、およそ1,000円前後です。

本当に安いサニタリーショーツは数百円で販売されている製品もあるので、それに比べるとちょっと高めかな?という印象もあるかもしれませんが、品質はどれも悪くありませんので、妥当なお値段と言えます。

中には有名下着ブランドを取り扱っていたり、製品にこだわったコンビニオリジナル商品もありますので、品質は間違いないかわりに、その分お値段も少々高めといったケースもあります。

コンビニで緊急的に購入した1枚が、意外と品質が良くて普段使いする中で1番良いものになってしまった、という声もあります。

ショーツの種類

サニタリーショーツの種類はさほど多くなく、どの店舗も1~2種類程度しか置いていない印象です。

色も誰が使っても問題なさそうな、無地や黒など無難な色を取り扱っている店舗が多いです。

サイズもMとLがありましたので、比較的多くの女性が利用しやすいラインナップでした。

「とりあえず何でも良いから、この危機を回避したい!」と思う女性からすれば、あまり色などは関係ないかもしれませんが、サニタリーショーツは使い捨てではないので今後も使用することを考えると、購入後も使いやすい商品が多いと言えます。

コンビニ別ラインナップ|各店舗の比較

コンビニ大手3社で取り扱っているレディース用のショーツの特徴を一覧にまとめてみましたので、参考にしてみてください。

コンビニ名 取り扱い有無 特徴
セブンイレブン メインの取り扱いとしてスロギーがある。サニタリー用が1,100円、レギュラーが605円。M,Lサイズがベース。
ファミリーマート オリジナルのショーツがあり黒とベージュのM,Lサイズがベース。649円。
ローソン ピーチジョンとコラボしたローソン限定品オリジナルショーツが販売されている。

店舗によっては取扱が異なる可能性がありますが、ラインナップが全くないという可能性は低いでしょう。

大手3社で比較してみましたが、地方にしかないようなコンビニでもショーツは置いてある店舗が多いです。

生理が急に始まり困った経験がある人の割合は

コンビニでショーツを買うというのは、外出先や旅行・レジャー先で思いがけず生理になってしまい、緊急的に購入する人がほとんどだと思います。

引用:PR TIMES プレスリリース・ニュースリリース配信サービス

こちらのアンケートを見てもわかる通り、多くの女性が外出先の生理で困った経験があります。

そんなときにコンビニが近くにあれば利用するでしょうし、過去の緊急事態のときにコンビニに駆け込んだ経験がある女性も多いのではないでしょうか。

コンビニでショーツを購入するのってなんだか恥ずかしいな、と躊躇している女性もいるかもしれませんが、意外と知らないだけで多くの女性が利用した経験があると思われますので、あまり気にする必要はないと言えます。

外出先で急に生理が来てナプキンがない時は

ナプキンに関してもほとんどのコンビニに売っているため、コンビニで調達すれば問題ありませんが、それまでに応急処置が必要なケースもあります。

その場合は、トイレットペーパーやハンカチ・タオル、おりものシートなどの代用品で凌ぐ方法もあります。これらについては以下の記事でも詳しくまとめているため参考にしてください。

生理でナプキンがないときの代用品や対処法と注意点

ただし、これらの方法はあくまで代用品であるため長い時間はもちません。あくまで一時的な応急処置として利用するようにしますよう。

外泊で生理になった時の注意点

外泊の予定で急に生理になるというケースではショーツやナプキンの準備の他、入浴に関しても注意するようにしましょう

友人宅やビジネスホテルなどの個室の浴室がある場合は、自宅と同様に利用した後にしっかりと経血の汚れが残ってないかなどを注意しましょう。

もし大浴場や銭湯の利用になる場合は特に注意が必要です。まずは生理中の利用が禁止ではないかを確認し、禁止されていない場合でもできればタンポンなどの利用が望ましいと言えます。

浴槽の利用は控えシャワーだけの利用に留めるのが良いでしょう。生理中の大浴場や銭湯の利用に関しては以下の記事でもまとめているので参考にしてください。

生理中の銭湯はシャワーだけでもダメ?マナーやルールについて

コンビニショーツを購入する時のポイント

それでもいざ、コンビニでショーツを購入しようと思うとなかなか勇気がいるかもしれません。

そこで、コンビニでサニタリーショーツを購入する時のポイントを確認してみましょう。

中身が見えない袋に変えてもらう

コンビニには中身が見えない紙袋や黒色の袋を用意してあります。

近年はレジ袋は有料になっているところがほとんどだと思いますが、紙袋なら無料で提供している店舗もあるそうです。

中身が見えないことで、他人から見ても何を購入したか分からないので、購入するのが恥ずかしい人にはお勧めの対処法です。

コンビニの店員さんが女性の場合は、こちらから申し出る前に気を遣ってくれて、あえて紙袋に入れてくれる可能性もあります。

こちらから申し出る前に対応してくれるのは嬉しいですよね。

外出先で生理に困らないようコントロールする

そもそも、外出先で急な生理にならないよう、事前に生理日をコントロールしておくのも1つの方法です。

低用量ピルを服用すれば生理がくる1週間がどこかわかりますし、経血量も減少しますので、経血漏れの心配も非常に少なくなります。

コンビニでショーツを買うのは恥ずかしいことじゃない

コンビニでショーツを購入することを恥ずかしいと躊躇する人もいるかもしれません。

特に、コンビニ店員が男性の方だったりすると、なかなか購入しずらい場合もあると思います。

それでも外出先の緊急事態のときには仕方がありませんし、気にしすぎず利用しましょう。

生理がこない女性はいませんし、生理現象の1つでとっても自然なことなのに、「生理」に対する認識が特に男性の中できちんと理解されていないのも問題の1つかもしれません。

これからどんどん生理に対しての知識や理解が深まっていくことを望みます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました