布ナプキン信者の言う「子宮温活」や「月経緩和」は本当?

ナプキン

今回は布ナプキンの熱心なユーザーである布ナプキン信者さんの口コミを調べてみました。

布ナプキンの信者の間では「子宮温活」や「月経緩和」のメリットがあるという声が見られます。

布ナプキンを使うだけで実際にそのような効果があるのか、実際の布ナプキンユーザーの意見なども参考に確認してみました。

布ナプキンの信者が言う「月経緩和」と実際のユーザーの反応

布ナプキンの信者さんによると布ナプキンを使用すれば「月経緩和」があるという口コミがみられます。

月経緩和とはその名前のとおり、月経に伴う痛みが緩和されることです。

ナプキンを変えるだけなのでなぜ痛みが緩和されるのか不思議に思いますが、これにはちゃんとした理由があるようです。

布ナプキンは子宮を温める効果が期待できる

布ナプキンは紙ナプキンと比べて空気を多く含みその影響で保温効果が期待できます。

生理痛・月経痛の痛みは冷えがあるとより悪化すると言われていますが、布ナプキンにより保温効果が期待でき、結果として月経の痛みを抑えることが期待できます。

実際の布ナプキンユーザーの反応は

実際の布ナプキンユーザー20人に対して、布ナプキンの使用で月経量や月経痛の緩和などに効果があるか聞いたアンケートは以下のとおりです。

効果があると考えるユーザーは30%という結果でした。

過半数まではいかないものの一定数のユーザーには月経量の改善や月経痛の緩和が見られたという結果でした。

月経量や月経痛の緩和についての主な感想は以下のとおりです。

ケミカルナプキンの際は陰部がかぶれて痒かったが、布に変えたらかぶれなくなった。経血量も減ったような気がする。 (40代・女性)

以前ほど生理痛(腹痛)が辛くなくなったと感じています。またポリマー製の紙ナプキンに比べ、匂いが軽減されます。 (40代・女性)

かぶれなくなったことと、生理痛が前よりも緩和したと思います。 (40代・女性)

上記のように生理痛が改善しているような人も見られる結果となりました。

布ナプキンの信者が言う「子宮温活」と実際のユーザーの反応

布ナプキンの信者さんでは布ナプキンにより子宮温活ができるという口コミもあります。

子宮温活とは漢字で書くとおり、子宮をポカポカ温めたり血流を良くするようなことです。

先述のとおり布ナプキンは腹部を温めるような効果が期待できるため結果として子宮温活に繋がる可能性があります。

また、布ナプキンはその他にも副次的に身体や体調に良い結果をもたらすことも期待できます。

布ナプキンユーザーの子宮温活とその他の体調変化は

布ナプキンユーザー20人に対して、「布ナプキンは子宮温活(子宮をポカポカさせたり血流をよくしたりする)に効果があると感じますか」という質問では以下の結果となりました。

上記のとおり、35%のユーザーが子宮温活の効果があると感じている結果でした。

こちらも過半数はいかないものの、一定数のユーザーが布ナプキンの保温効果などを実際に感じている結果となりました。

子宮温活を含めた布ナプキン使用後の体調変化について、「布ナプキンを使用して体調面で変化したことがあれば教えてください」という質問の主な回答は以下のとおりです。

・体の冷えを感じることが減った (20代・女性)

・意外と布ナプキンにはあまり出ず、トイレに行った時にでるようになった (30代・女性)

・特に変化は感じないが、使い捨てナプキンのころより蒸れなどが減って皮膚には良かったかも。 (30代・女性)

・もともと肌が弱いので、布ナプキンにすることで手間は増えたが、痒みなどの頻度が減った。 (30代・女性)

上記のように冷えを感じることが少なくなったというコメントや、蒸れやかゆみについても改善を感じている意見がみられました。

また、珍しい意見としてトイレに行った時に月経がタイミングよく出るようになったという意見もありました。

ただし、布ナプキンは当然メリットだけでなくデメリットもいくつか存在します。

デメリットの例として、洗濯・手入れが面倒、持ち運びが不便、漏れの心配があるなどが挙げられこれらの理由から布ナプキンの使用をやめてしまうユーザーもいます。

これらの点については以下の記事でもまとめているため参考にしてください。

布ナプキンをやめた理由は?ユーザーの実体験と使うとわかるデメリット

布ナプキン信者さんから勧められるような場合、デメリットの面にはあまり触れないケースもありますが、布ナプキンを使用するような場合はメリット・デメリットの両面をしっかり理解した上で利用するようにしましょう。

大事なことは自分が使いやすいかどうか

今回は布ナプキンの信者さんとも言える熱心なユーザーの口コミについて、実際に月経緩和や子宮温活のような改善があるのか、布ナプキンユーザーの意見なども聞いた結果をまとめました。

月経痛の緩和や腹部の冷えの改善を感じるユーザーもおり、コメントでも体調面に良い変化があったという人が一定数いる結果となりました。

一方で半数以上の人は月経痛の緩和や腹部の冷えの改善も感じていないと言える結果であるため、布ナプキンの向き不向きも大きいことが想定されます。

肌触りが良い、ゴミが出ないので経済的などメリットも多い布ナプキンですが、洗濯に手間がかかる、持ち運びにややかさばるなどデメリットもいくつかあります。

重要なのは自分の体質や生活リズムに合っているかであり、合わない場合は従来のケミカルナプキンやタンポン、月経カップ、低用量ピルなどの生理用品もあります。

今回の記事などを活用していただき、布ナプキンのメリット・デメリットをしっかり理解した上で布ナプキンを利用するか検討してみてください。

なお、布ナプキンを使う上で失敗するのが怖いというイメージを持っている人もいるかと思います。

実際の布ナプキンユーザーに対して経験した失敗のアンケートをとった結果、服まで漏れてしまった、寝て起きた時にシミができた、漏れていたなど回答が多く見られました。

それらに対する対策も合わせてまとめている以下の記事も参考にしてください。

布ナプキンで失敗する確率│始めたくても失敗が怖い人へのアドバイス

コメント

タイトルとURLをコピーしました